知っていると役に立つかもしれない!お風呂リフォームのちょっとした雑学を紹介!

理想のバスルームを実現するためのお風呂リフォームだったはずなのに、以前と比較すると使用感が悪くなったり不便になったという失敗事例は少なくありません。
せっかく費用と時間を使ったのに不便になったのでは困りものですよね。
理想的なバスルームを目指すときは、過去の失敗事例から学ぶと避けられます。
ここでは納得できるバスルームリフォームを実現するのに役立つ雑学を紹介していきますので、検討するさいにチェックしてみてください。

知っていると役に立つかもしれない!お風呂リフォームのちょっとした雑学を紹介!

お風呂リフォームをするさいに多くの方が検討するのが、広い空間を持つバスルームです。
ゆったりと過ごせるだろうと思われがちですが、実は効率性という点では課題があります。
バスルーム空間が広くなるほど、温めるのに時間がかかるため、寒く感じてしまうという事例が多いです。
この他にもお風呂リフォームでは開放感を求めて窓を大きくしたけどプライバシーが気になり落ち着かない、素材を変更したらカビが増えてしまった、ミストシャワーやジェットバスを搭載したけど使う機会がないなどがあり、いずれも雑学として知っておくと失敗を避けるのに役立ちます。

一日の疲れも取れてリフレッシュできるお風呂リフォームで人気の手足を伸ばせる浴槽

一日の疲れを癒やし翌日に備えてリフレッシュする浴室は、住宅リフォーム中でもかなり人気があるといえるのではないでしょうか。
お風呂リフォームで特に人気なのは、手足を伸ばせる余裕のある浴槽で、ゆったりと湯船に浸かれるものが注目を集めます。
お風呂リフォームは傷やカビといった汚れが気になる浴室に加えて、やや狭くてもう少し広ければという浴槽を新しく入れ替えられるチャンスです。
傷は綺麗になって剥がれたコーティングは新品になりますし、汚れもつきにくくなるので毎日のお手入れがかなり楽です。
湯船は手足が十分に伸ばせるほど広くなり、窮屈さを感じなくなることで更にリフレッシュできる感覚が得られます。
イメージ的には、開放的な屋外で手足を目一杯伸ばして伸びをしたり、大の字になって寝転がるような感じです。
つまり、お風呂リフォームは入浴においてこれらに近い感覚が楽しめるようになりますから、一日の疲れも吹き飛んで気持ち良く就寝したり、翌朝を迎えられるのではないでしょうか。

高齢者も安心できる床が滑りにくいお風呂リフォーム

お風呂の床が滑りやすいことに悩んでいる家庭も多いかもしれません。
万が一滑りやすい状態であれば、高齢者が転倒して怪我をする可能性も大いに考えられます。
このような場合には、お風呂リフォームを行って、高齢者でも安心して入浴が出来るようにすることが求められます。
お風呂で使われている床材には大きく分けると約6種類ほどのものがあります。
その中でも昔から使われているものがタイルで、デザイン性に優れていて、カラーやサイズなども様々なことが特徴です。
しかし素材により滑りやすく冷たさを感じることもあるでしょう。
近年では滑りにくくさを追求しているものもあり、それが樹脂製のものです。
主にユニットバスで使われているものの、在来工法のお風呂でも適用が可能となっています。
耐湿、耐水性に優れているのが特徴で、メーカーにより滑り止め加工、水はけが良くなる加工などがなされているものもあります。
自分の家庭に見合ったお風呂リフォームがわからないという場合には、専門のリフォーム会社に相談することが一番です。

お風呂リフォームで人気の浴室乾燥機に潜む注意点

お風呂リフォームの際に、浴室乾燥機を導入したいと考える人も多いかもしれません。
お風呂リフォームで浴室乾燥機を取り入れれば、天気の悪い日でも洗濯物を乾かすことができたり、しっかりと浴室内を乾燥することができるため、カビの軽減にもつながります。
しかし実はあまり知られていないデメリットが潜んでいるのが実情です。
注意点に挙げられることとしては、フィルターの掃除が必要であることをしっかりと覚えておきましょう。
フィルターにはほこりが溜まりやすく、こまめに掃除をしなければなりません。
埃を放置すれば乾燥のパワーが発揮できなくなるだけではなく、健康に害を及ぼす可能性も考えられます。
定期的なフィルターの掃除が必要になり、手間がかかることを覚えておきましょう。
また洗濯乾燥機と比べると干す手間があることも注意点の一つです。
干すスペースにも限界があり、お風呂に入ることが主な目的であるため、洗濯物を干していればお風呂に入れなくなってしまいます。
場合によっては使い勝手が悪くなりストレスを感じる可能性もあるため十分な注意が必要です。

お風呂リフォームで光熱費と水道代を節約

毎月かかる光熱費や水道代、これらを少しでも安く抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
そんな方にはお風呂リフォームがおすすめです。
例えば浴槽を保温性に優れたものに交換すればお湯が冷めにくくなります。
追い焚きの回数が減り、光熱費を下げることができますね。
少ない湯量で充分に体を温められるタイプの浴槽もあり、こちらは節水につながります。
浴槽だけでなく、シャワーヘッドを節水効果の高いものに変えたり、給湯器を効率の良いものに交換することも一案です。
毎日湯船に浸からずシャワーで済ませる方も、これなら大幅な節約が期待できます。
このようにお風呂リフォームをすることで使用する水の量を少なくし、同時に光熱費も抑えることができるのです。
毎日たくさんの水を使用し、沸かさなければならないお風呂。
ここにかかる水道代や光熱費を抑えられたら、節約効果は大変大きなものとなります。
思い切ってお風呂リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

お風呂リフォームに関する情報サイト
理想のお風呂リフォーム

理想のバスルームを実現するためのお風呂リフォームだったはずなのに、以前と比較すると使用感が悪くなったり不便になったという失敗事例は少なくありません。せっかく費用と時間を使ったのに不便になったのでは困りものですよね。理想的なバスルームを目指すときは、過去の失敗事例から学ぶと避けられます。ここでは納得できるバスルームリフォームを実現するのに役立つ雑学を紹介していきますので、検討するさいにチェックしてみてください。

Search